a spoonful of...

一人でいられない事は恥ずかしい事

d0129244_10372868.jpg


夫が3歳の頃に両親から読み聞かせられた本で叩き込まれた言葉。バンビの絵本で、お母さんがいなくなってメソメソ、シクシクしていたバンビに、お父さん鹿が「一人でいられないのは恥ずかしい事だ」と教え、気づいたらいつの間にかバンビは立派な牡鹿に成長していた、と言うお話。

夫は小さい頃この話しを聞かされて、いつかひとりで暮らさなければいけないと脅かされ、自分なりにサバイバルな方法を小さいながらに考えていたようだ。それが幸いしてなのか、今は1人でもご飯も作れるし、身の回りのこともやるし、一人でいても大丈夫だけれど、やはり寂しん坊ではあります。自慢話じゃありませんけど。

先日、義母が電話をして来た時に、「テレビで見たんだけどね、最近の大学生は学食で一人でご飯が食べられないんですって。一人で食べる時はトイレの中で食べるらしいのよ。」と言う。ええ〜、そうなのですか??

自然の行為として、食べればトイレに、、と考えるのは普通であるけれど、トイレでご飯、とは想像に及びません。それでもそうしなければいけないのは、一人で食べているところを人に見られる=友達がいない、と思われ、それはとっても恥ずかしい事、と言う事なのだそうだ。いつからそんなことになっちゃったのだ?

私も喫茶店には一人で入れるけど、レストランで一人でご飯を食べるのは気が引ける。だけど相手は学食だ。生徒が授業の合間に気軽に食べられるよう作られているはずなのに、趣旨がずれている。でもこれは学食だけの話しではないと思う。一人が恥ずかしい、と思わせてしまう世の中になってしまったのだ。

「一人でいられない」、ことと、「一人でいると恥ずかしい」、のとは意味が違うけれど、この先社会人になったらどうなるのだろう。心配だ。

Flim : Kodak Ecktar 100
[PR]
by samantha-ca | 2010-06-04 10:22 | LIVING