a spoonful of...

美容院に行ってみた+ダイソンのドライヤー

d0129244_12221854.jpg

アメリカでも日本の美容室、日本人の美容師さんに施術をしてもらっていたので特に違和感もなく(当然)。

湿気でくせ毛がマックスになる私は縮毛矯正をしてショートヘアに来たる梅雨に備えてしておきたかったが、どの美容師さんでも縮毛矯正は「ぺったんこ」になるのでやめた方がいいと〜。確かに頭天がペタンコなのは余計に老けて見える、汗。ショートも湿気でますますまとまりがなくなる、と。暑い夏は首回りが乗り切れない気がしたが、日本では夏はロングで束ね、冬はストールなど巻いて首回りがモッタリするのでショート、だそうです。

それでいきますか。。

アメリカで早く乾くのが魅力で買ったダイソンのドライヤー。立ち読みした雑誌や美容師さんによれば強風のドライヤーが一番髪の水分を蒸発させ良くないのだそうだ。えーー。パリパリに乾燥させれば湿気をブロックと思っていたが、髪自体が乾燥していると外の湿気を吸いやすいんだとか〜。いやはや考えればごもっともなお話。。髪に水分を閉じ込め保湿すれば外の湿気も吸いにくい!と。ま、ダイソンは風量も温度も変えられるのでいずれも抑え気味のモードでやればいいのだが、それでは当初の目的だった「早く乾く」は無意味なものに。。なんのための高級ダイソンなのか、泣。

そもそも日本ではアメリカ仕様のダイソンは使えませんと言われたけど問題なし。それに根元まできっちり乾くし、最後に冷風にするなどちゃんと使えば広がりも抑えられなんだか気に入って使っている。髪自体の保湿はもっと気遣わなければ。。でもでも日本にはやっぱりもっといいのがあるようです。

「ヘアビューザー」

保湿をしながらドライヤー、広がりを抑え、顔のリフトアップもできるそうな!それにここのヘアアイロンは使えば使うほど艶が出る、コンセントを入れなくても使うだけでもストレートになる!だそーですー。いやいや買いませんよ、ダイソンが壊れるまでは。うん、多分。。。




[PR]
by samantha-ca | 2017-05-21 13:00 | LIVING