a spoonful of...

カテゴリ:TRAVEL( 18 )

クリスマスはサンディエゴ@USS Midway

d0129244_1018348.jpg


クリスマスの翌日は空母Midway見学。やはりクリスマスの連休とあって、子連れやたくさんの人達が来ていて、思いつきで来てしまった私達はチケット売り場で30分ほど待つ事に。でも入ってしまえばそれもすっかり忘れ、すぐに楽しむ私です、笑。

空母の中は何部屋あるのだろう。寝室からシャワールーム、病院、歯医者、会議室、食堂、プレールーム、もちろん艦橋(は外せない)もあります。お部屋のタイプは階級で違っていて、もちろん艦長やキャプテンはシャワー、家具、テーブル付きのプライベートな部屋があり、それにプライベートシェフ付き。水兵さんはやっと歩けるぐらいの隙間に三段ベットがいくつもならんでいて、共同シャワー(せまっ)。身の回りのものもほとんど置くところがありまあせん。フライトデッキは広いのですが、この距離の滑走路で戦闘機が飛んで行けるのかと驚きでもありました。

Midwayはもう引退してしまった空母で、鎖につながれているの見て夫は「かわいそう」、とポツリと言っていました。当時は活躍していましたが、今は最新の技術を持った空母に時代が変わってしまい、もう海に出航することはないと考えれば、まぁそうなのだけれど。
予定をしていなかった見学ですが、良い体験でした。ご家族連れには勉強になって良いかもしれません。

結局半日ここで過ごし(なんせ広いし)、夜はあっちゃんが教えてくれたサンディエゴのおいしいお寿司屋さん、Sushi Otaに予約をして行ってみた。テーブル席と言われていましたが、カウンター希望と言うと当日調整してくれた。ウニが有名と言うのでいただいてみましたが、新鮮で甘みとコクが最高〜。口の中でとろけました。その他のものもネタがどれも新鮮で堪能いたしました。

サンディエゴというとラホヤも有名ですが、今回は風が強くてあまり堪能できませんでした。季節のいい時にまた行ってもいいかもですね。近くにQualcommのビルがたくさんあり、いやほんとそこかしこにQualcommと書かれた建物があり、ビーチは近いし恵まれた環境〜と羨ましくなりました、笑。

そんな訳でサンディエゴ、海も山もあり、都会って言うほど都会でなく、のんびりで素敵なところ〜。
ちょっと岡山にも似てるかもですね、笑
[PR]
by samantha-ca | 2016-02-25 10:17 | TRAVEL

クリスマスはサンディエゴ@Hotel Del Coronado

d0129244_9505321.jpg


去年のクリスマスのことですが〜。

滅多にない3連休。それもその前日はクリスマスイブで3時までの仕事!(って言っても大体の会社が24日〜年始まで休みだったりするんですけどね〜涙)かなり特別感のある私にとっては有休をとらずに休める長連休だったので初めてのサンディエゴ!

1日目はとりあえずロサンゼルスの南まで。

2日目はカールスバットのレゴランドを外から見学(笑)して、サンディエゴへ。サンディエゴって動物園やサファリパーク、シーワールドしかないと思ってたんですが(大汗)、Coronade Islandって言う島があって、そこに昔からあるクラッシックなホテルが有名なんですってね〜(行く前にネットで調べた情報)。会社の人も泊った事があるって言うので、私達も行ってみた〜。クリスマスの日は美術館やらレストランやら大抵のところが休みなので、ホテルならなんかしあるだろーと思って、ディナーもこのホテル内の1500 Oceanを予約。

d0129244_10102778.jpg


して行ってみたら人、人、人。みんな考える事は同じなのかしら〜。
ここは冬のアイススケートリンクも有名なので、それもきっとあると思うが、思った以上に人でごった返していた。でも!家にいれば二人だけのクリスマスが、なんか人がいっぱいいる事で妙に安心し、とってもワクワクした午後でした。ちょうど目の前の海に日が沈むので、食事の前にサンセットを眺めながらカクテルをいただいたり、海辺でもあるし、ちょっとしたリゾート気分でした。レストランはクリスマスメニューが決まっていたので選んだりは出来なかったけど(せっかくなのでロブスターとか気になっていた・・)、美味しかったー。

d0129244_952219.jpg

だれかの作品の砂の城。サラサラの砂が気持いい。

また機会があったら来たいな〜。
[PR]
by samantha-ca | 2016-02-25 09:50 | TRAVEL

eggslut

d0129244_16142112.jpg
d0129244_16151948.jpg


卵ソースがとろんと出て来て幸せな朝ごはんタイム @eggslut in LA
[PR]
by samantha-ca | 2014-04-26 16:17 | TRAVEL

プレジデントデーはワイナリー巡り!雑記2

d0129244_462818.jpg


いつまで続くねん、と思われるかもしれませんが、毎日仕事だけなので滅多に書くイベントないから許してね、汗。

パソロブレスで食べた晩ご飯。いちおバレンタインデー(のお祝い?)ってことでイタリアンを予約。以前に行ったArtisansは予約が取れなかったのでIl Cortileで。調べたらホテルから歩いてすぐだったので、車も移動しなくていいしちょうどいい。バルコニーのお風呂でリラックスして、遅めの予約にお風呂上がりにふらふら歩いて行った。

すべてのコラム(?)から1種類ずつ頼んで全部シェア。メインのリゾット付きの骨付きポークの煮込みはスプリットしてくれてお皿も2つ。前菜に頼んだ帆立の焼き具合がちょうど良くてとても美味しかった。とろとろモッツァレラののったクロスティーにもついてたけど、バルサミコのソースがちょっと甘め。生パスタのウサギのラグーもパスタがもちもちしておいちー。グラスで頼んだワインもどれにもあって美味しかった。

d0129244_463118.jpg


Lompoc(ロンポック)で泊ったEmbassy Suitesの朝ご飯(写真上)。Suitesと名のつくところは、ベットルームとリビングルームが別になっているが通常。会社の人にこのホテル系列は朝ご飯に卵を目の前でオーダー出来るのよ、と聞いてちょっと気になっていた。

ずらずらとグリルの前に列が出来ていて、一人ずつオムレツの具に何を入れるか聞いたら手際良くちゃっちゃと卵にのせ、「and You?」と次々とグリルで焼いて行くのだかが、どうやって3、4種類ずつの具材を覚えられるのかすごい。聞いているとフレンチトーストをオーダーしている人や、白身だけのオムレツとか、グリルで焼けるものはなんでもありだー、なのだ。

向かいで食べていたおじさんは、フレンチトーストに黄身が半生の目玉焼きをのせて食べてた。いや、ほんとになんでもありだ〜。いつもそうやって家で食べているのであろうな。

写真の下のはパソロブレスのコーヒーショップで食べた朝ご飯。ここはホテル代とは別であります。
向かいに座っていた老夫婦。新聞を読みながらの朝ご飯風景が、これもよくある普段のアメリカンが過ごす休日の朝ご飯風景なのだろうなー、と朝ご飯にいつもアメリカを感じるワタクシでございました。

アボガドののったオムレツ美味しかった。でも半分しか食べられなかったよ。大盛り過ぎだ。
夫は朝からステーキ頼んで(!)、いまいちだったようだけど、ビスケットにグレービーをかけたものが出て来たのも初めて体験でした。朝ご飯も奥が深いな。

これで終わり。
[PR]
by samantha-ca | 2014-03-05 04:05 | TRAVEL

プレジデントデーはワイナリー巡り!その3

d0129244_3322529.jpg


パソロブレスで時間があったので、ワインロードをゴトゴトと走る。ワイナリーはそこかしこにあるけれど、昔のようにガツガツ入らず景色を楽しむ、笑

夫は場所ごとに変わる葡萄畑の土の色を見て、「あっここは赤い」「あぁ、ここは灰色だからミネラルが、」と地質とワインの味を結びつけて楽しんでいた。確かにそうなのだろう。

ちょうど裏側辺りまで来て見つけたオリーブ屋さん、Pasolivo。見た目も可愛くついつい惹き付けられるように入って行った。

店内はお塩やビネガーを始め、ハンドクリームなども売られていて、オリーブは10種類ほどがテイスティング出来る。奇麗なお姉さんが1つずつ説明してくれて、グラシン紙に入った小さく切られたフランスパンをディップしながら味見してみる。

d0129244_3322362.jpg


私的にはこちらのCalifornia Blendのオリーブオイルが緑くさくて苦みがあってお気に入り!パッケージも超かわいいではないですか。これにちょこっとお塩を入れてパンを食べたらサイコーです。

あとはライム味のもおいしかった。きっとリピしますが、まぁオリーブオイルってそんなにたくさんは使わないもんね。エキストラバージンオイルは炒め物用オイルには使わない方がいいらしので、サラダのドレッシングやスープに垂らす感じでしょうか?

サンフランシスコのWe Oliveなどにも置いてあるらしいです。

続く・・・かも
[PR]
by samantha-ca | 2014-03-03 03:42 | TRAVEL

プレジデントデーはワイナリー巡り!その2

d0129244_15213394.jpg


その他行ったところは1日目は大好きなFoxen とFoxen 7200。最初のところがあまりに良かったせいか、ここのがやがやドサドサした感じがちょっと落ち着かなかった。あまりにも名前が売れてしまったせいかもしれません。それに毎度のことですが、2箇所目からはもーよく味分からん状態なのもあって、残念ながらお味の方もいまいちね・・となってしまいました(><)。

d0129244_1521365.jpg


昔ながらのシャックは閉店直前で対応も素っ気なく、でもここの掘建て小屋な感じはやはり好きであります。1軒目と同じ人がいる、笑

d0129244_15214157.jpg


ま、猫様が可愛かったので許す。昔我が家周辺に現れていたにゃお蔵も無理矢理小さな鉢の中に入ってたりしてたけど、この子もそうだった。話しに聞くと高価なハムも気に入らない味のものは食べないそうだ。贅沢になっちゃって。

d0129244_15214490.jpg


2日目は宿泊したLompocから10分ほどで行けるBrewer-Clilfton

d0129244_15214635.jpg


倉庫街のようなところで、中はモダンなアートがありました。上の写真はワインメーカーの方がお知り合いの日本の料亭のメニューだそうですが、私達からみればなんじゃこりゃ、だけど、クールな香りがするのでしょう。悪くない。ここに置いてあった溶接したメタルの屏風やデッサン画もこの近くに住まれている日本人アーティスト、あやさん(?!あやふや・・)のものだそうです。なんかものすごい日本びいきを感じました。嬉しいね。チーズのおつまみ付きのテイスティングコースにしてみました。
川沿いにあるワイン畑、特に川が淀んでいるところのものは(River Bed)、ちょっと泥臭く(ミネラル臭?)変わったお味。でも悪くない。おもしろいワインだった。

d0129244_15214866.jpg


こちらもすぐ近くのテイスティングルームが集約された倉庫街にあるPalmina Wine。出されるままに飲んでいたら、白中心と赤中心のテイスティングメニューがあったことに気づいた。途中から赤中心に変更してもらったが、飲んだ白3種類はサービスとなってしまった、汗。白はライチーの香りがするものや、トロピカルでスパイシーなものが多く、タイフードに合うと言われていたのでその通りかも。
赤はイタリアンが中心でバルバレスコやサンジョベーゼなど、酸味が強くタンニンもガシガシし過ぎず結構好み。ここのワイナリーもかなり気に入った。リピする。

そのまま横の店にスライドしていけば次々といろんなワイナリーを試せそうであったが、この日は2軒だけで終了。一路北へPismo Beachを経由し、宿泊先を目指してPaso Roblesへ。

d0129244_15215086.jpg


3日目はこちらもアポオンリーのL'Venture。SMG(Syrah, Mouvedre, Grenache)をブレンドしたローヌスタイルのワイン。前回来たときからかなりお気に入りで、場所もちょっとワインロードから外れた片田舎にあるのがいい♪ワンコのお出迎えもあるし、笑。そしてまたまた2人だけのテイスティング、汗。Optimus, Chloe(売り切れ), Cote a Coteの3種類。お値段は張るけど、Cote a Coteが一番好きです。ステーキをがっつりと食べながら飲むのもいいけど、重さの中に軽さがあり(なんじゃそりゃ)、このままでも楽しめるワインでした。

それから後はラベルが可愛いと言って(夫が)入ったMidnight Cellars(普段飲みに良い感じ)、なんとなく入ったWindward Vineyard。Paso RoblesはZinfandelやローヌ、ボルドースタイルのワインが主に作られていますが、こちらはピノを最初に作った作り手さん。今ではPaso Roblesに15軒ピノを作っているところがあるそうです。家族経営の小さなワイナリーで、1種類のピノのみで頑張っている。なのでビンテージ違いのテイスティング。うーん、ちょっとパンチにかけたかなぁ。

と3日間でゆったり少なめ8軒回りました。

今回この辺りのワイナリーで聞いたところによると、近年で期待が持てるワインのビンテージは2012年。なのでやはりリリースされる春以降に来るのが良いかもしれません〜。

もうしばらくワインはいいや、と思いながら帰りましたがもう飲みたい、笑

続く・・・
[PR]
by samantha-ca | 2014-02-25 16:05 | TRAVEL

Tabizine 〜人生に旅心を〜

d0129244_1041927.jpg


師走になってせわしないせわしない。
オーダーしたホリデーカードはなんとか間に合ってセーフ。でもこれで安心しててはだめだ。
送るまでの作業があるのだから・・。お友達へのプレゼントはなんとかラッピング終了。

+++++

秋になって近所のアダルトスクールで取り始めたクラスがあるのですが、アダルトスクールに通うのは10年振りぐらい。昔取ったのはキルトだったりお料理だったり英語のクラスだったり。

そのクラスにお知り合いになった編集をやっているお友達がこちらのウェブサイトに時々記事を書かれていると言うのでご紹介。

その名も"Tabizine〜人生に旅心を〜"

旅と自由をテーマにしたライフスタイルマガジンです。見てると旅に行きたくなる〜。
記事を読んだだけで行った気分になってしまう?!

そういえば昔は世界中を旅して旅行エッセイストになりたい!なんて夢を持ってた事あるなぁ〜、笑(遠い目)

アメリカの記事もあるので、あー、ここ行ってみたいーー、とか行った事あるー、とかついつい読み込んでしまいます。

あぁ、旅に出たい。最近いろんな欲求あり過ぎですな、汗

写真:デルタのファーム
[PR]
by samantha-ca | 2013-12-12 10:50 | TRAVEL

3連休であれこれいろいろツアー、3日目

d0129244_1694342.jpg


3日目も9時頃起きて昼前に出掛けるのんびりな始まり。そろそろ南下は止めて北上で帰路に。
海辺の街、ピスモビーチを散策。数回訪れたことはあるけれど久しぶりなので。Award Winningと書かれたSplash Cafe。クラムチャウダーが有名なせいかすごい列。行くたびに我が家もここで食べてましたがこんな列は始めて。

d0129244_169452.jpg


通りがかりに見つけたChop Street。何かと言うとサラダやさん。選んだ葉っぱを小さくチョップ、それから好きな具材とドレッシングを選んだら、しっかり和えてTo Goの大きな入れ物にスライスしたバゲットと一緒に入れてくれる。まぁサラダバーみたいなんだけど、チョップしてくれるからたくさん入るし食べやすい。ビーチに持って行って食べる事も出来るし、何よりヘルシーでいいではないか。ブリトーを希望すれば好みのトルティーヤに包んでもくれる。どんな具材を選んでも重さで計算。旅先で野菜不足だった私達はこのコンセプトにすぐに飛びついた。ちょっと奥まったところにあるのに次々お客さんが入って来る。お味も良いのでベイエリアにあったらなー。

d0129244_16192553.jpg


で本日のメインイベント、ピナクルズ国立公園。メインイベントの割には夕方4時半に到着。大慌てで公園に入り、小さなCaveのあるBear Gulch Trailを選んで急ぎ足でハイキング。レンジャーの人に2時間ぐらいかな、と言われたところを1時間で歩き終わる。ちょっとあっけない・・。だけど地形がおもしろくて、カッパドキアみたいだねー、とかインディジョーンズの気分、とか行った事もないし、味わった事もないけどそんな気にさせられる場所。楽しい国立公園でした。

d0129244_16192890.jpg


ハイキングコースがいろいろあるのでまたすぐに行ってみたい場所。なんと言っても家から1時間半ぐらいで行けるのが魅力。

スパあり、ワイナリー巡りあり、ハイキングありの充実した旅でした。リフレッシュ。
[PR]
by samantha-ca | 2013-04-29 16:10 | TRAVEL

3連休であれこれいろいろツアー、2日目

d0129244_1537193.jpg


2日目もあまり計画してなく、朝ご飯を食べにホテルを出たら前の公園でファーマーズマーケット。ぐるりと一周して、昼前に更に南下してなんとなくワイナリー巡り。計画していなかった、と言っても心の中ではかなり行く気満々だった、笑。

d0129244_15333465.jpg


映画SidewaysでおなじみのFoxen wines。以前行ったのは2007年だったのでしばらくぶり。立派な2号店が出来ていて(2009年だそう)、でも私は前からあるシャックの方が好きだ。シャックの方と2号店ではテイスティング出来るワインが違うので両方立寄る。テイスティングしたワインは全て飲んでしまうので、1日3件回るぐらいが精一杯。Foxenだけで既に2件分だ。やばっ。お姉さんの全身ブルーが目に華やか。

d0129244_1534262.jpg


寄りたいワイナリーがあったけど、その週末はSanta Ynezでワインフェスティバルがありクローズ。
そんな訳でFess Parker。Fess Parkerと言う名前が俳優さんだとは知らなかった。彼が経営するワイナリーだそうだ。他にもホテルを経営してファミリービジネスを広げている。以前友達が持って来てくれたここのピノがとても美味しかったのを覚えている。

d0129244_15333691.jpg


Foxenで出会った日本人がお勧めと言っていたのでDierberg Vineyard。4件目となると結構アップアップで味はほとんど覚えていない・・・。

d0129244_15335081.jpg


そのワイナリーエリアから北に30分程。旅行前にネットでこのエリアを調べていて見つけた砂漠地帯、Rancho Guadalupe Dunes。ここに行くまでの街が廃れた感じでまた良い。
こんなところにほんとに砂漠があるの?と言うような道を走って行くとだんだんと現れる。風がすごく強いので長く居られなかったけど、そのせいでこんなDuneが出来るのだろう。

d0129244_15335245.jpg


おもしろい発見であった。

更に続く。
[PR]
by samantha-ca | 2013-04-28 15:31 | TRAVEL

3連休であれこれいろいろツアー、1日目

d0129244_15291271.jpg


夫の休みを利用して金曜日から3連休。我が家にしては珍しくのんびり、でも中身はぎっしりの旅に出掛けた。

9時半頃出発して南下。昼前にはPaso Roblesに到着してランチしてからワイナリー巡り。
フランス人オーナーの作るローヌブレンドL'aventureとZinfandelのみしか作っていないTurleyへ。L'aventureのオーナーはブレンドが許されないボルドーから抜け出して自由にワインを作りたかった、とのこと。ここのワイン、超気に入りました。

d0129244_15285056.jpg


泊まりはのりこちゃんのお勧めのPaso Robles Inn。この辺りは温泉が出るらしくバルコニーにスパのあるお部屋をチョイス。硫黄の香りがプンプンして温泉気分満点。ホテル到着後、就寝前、朝風呂と満喫。が、夫は硫黄の香りに喘息が出る体質で、吸引機を持ってお出かけ(実際には忘れて行ったらしいが・・)。結構危険なお宿でした。何事もなくホッ、汗。

d0129244_15291686.jpg


晩ご飯はこちらもお友達のお勧めでArtisanへ。雰囲気もいいし、お店の人も気さくだし、お味も良くて大満足。
夫も大喜びでした。

d0129244_15292379.jpg


続く。
[PR]
by samantha-ca | 2013-04-27 15:30 | TRAVEL