a spoonful of...

<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アメリカと日本の病院について

d0129244_18014842.jpg

1月中旬頃からの出始めると止まらない咳と、2月頃から今までの間に出来た目の縁や口角、鼻の下などの赤い発疹が気になって、時々痒みもあるので近所の病院に行ってみた。

アメリカから帰ったばかりなので現地で流行っていた感染症などないか聞かれたが、特に領事館からも気になる情報はなかったのでそれではなさそう。アメリカにいらっしゃったのであれば検査も長いことされてないでしょうから(いえいえ毎年チェックアップは行ってましたけどー)、と肺のレントゲンをまず撮ってから内科の先生との受診。

「肺には特に問題がないので結核とかではないですが、ガンの場合はこれでは写りませんのでもっと詳しい検査が必要になります。」と、情報として伝えるべきこととして言ってくれたのだと思うが、いとも簡単にガンの可能性も伝えられたー。まずは百日咳(これももっと詳しい検査が必要)か咳喘息などが考えられますので、と抗生物質と咳止めの漢方。赤い湿疹については目の中に入っても大丈夫なクリーム、顔用のクリーム、口角用のクリーム、と5種類の処方。漢方以外は全てステロイド入り。あまり体には良くないのであろうが、私の希望は治ることなので先決なので使ってみる。

これだけやっても初診料とレントゲンで1600円、薬が全部で1300円。安いーー。

今回はチェックアップではなかったので、何か気になるところがありますか、というような話ではなかったけれど、アメリカの主治医と会う時には近況やら家族のこと、仕事のことなどプライベートな話もよく聞かれていて、まず気になるところがなければ特に検査もしないし、私の身の回りの話や雰囲気などから精神的状態や異常を見ているところがあり、いつか「日本ではチェックアップの時には尿検査やレントゲンも撮るし、ガン検査(いずれもマストではないのかな?!)なども検査するからして欲しい」と言ったら「あなたはガンには見えないわ」と言われました。気になるところの検査は血液検査もレントゲンもすぐに撮ってくれるのでそれで十分と言う事でしょう。アメリカでは検査費用も高いので、無駄なお金を使わないよう、検査自体もレントゲンなど体の負担になり、また精神状態も悪くなることがあるのでなるべく検査はしないと言うのが私たちの主治医のやり方。夫も同じ主治医で、家族に脳梗塞で倒れた人がいればすぐにMRIを撮ってくれるなど遺伝的なものも含め見てくれていた。お陰様でアメリカでは大きな病気もなく過ごすことが出来た。ただ病気にかからなかった、と言うことだけかもしれないが。

とにかくアメリカは医療費が高いので、条件の良い保険に入っていなければ持ち出しもかなり大きくなる。大体の保険は年1回のチェックアップは無料なので必ず行っていた。検査費用は別。ドクターが検査要と依頼してくれたものは検査費はほぼカバー。こちらが特に痛いところもないのに依頼した検査は有料。加入している保険によって条件が違うのでこれも一概には言えない。歯、目は付いていないのでこれも別途アメリカでは必要なら加入することになる。いずれも年に1度のチェックアップは無料で歯のクリーニングも年2回は無料だったので必ず行っていた。日本では痛くならないと行かなかったので、数年クリーニングもすることもないかもしれない。

それぞれの国の保険事情も違うので、どちらが良い、悪いと言うことでもないけれど、かかるドクターによって判断基準も変わってくるので、良いお医者さんに巡り会えればいいなーと言うところ。

[PR]
by samantha-ca | 2017-04-26 10:31 | LIVING

日本に戻りました。


d0129244_11363223.jpg

いろいろあって4月初めに16年間+住んだカリフォルニアを離れ日本に本帰国しました。桜の時期に戻るのは10年以上ぶりでしょうか。桜の花に癒されて久々の日本に少しずつ馴染んでいます。

d0129244_10085132.jpg

d0129244_10184247.jpg

帰国後、桜が満開にも関わらず、しばらく雨が続いたからでしょうか。気分が落ち込んでしまい、めちゃめちゃカリフォルニアが恋しくなりました。


カラッとしたお天気が、ふんわりと包んでくれたこの芝が、夫が大事に育てたプルメリアやすだち数々の庭の植物たちが、私たちをどこにでも連れて行ってくれたスバルの車たちが、二人暮らしにはサイズも使い勝手も居心地も良すぎたこのおうちが、それから何よりカリフォルニアで出会えたお友達が懐かしくカリフォルニアシックです。


でも勇気と意志を持って日本に帰国を決めた自分を、夫を、良くやったね、と褒めてあげたい笑


頑張って働けるだけ働いて(と言っても本帰国前日まで働いていた同僚とは比べ物にならないですが汗)、引越しと手続き関係でバタバタの中、海外旅行初めての両親と甥を迎えて過ごすことが出来た11日間。お肉を食べない認知症の母に、80歳の胃潰瘍持ちの父、肉しか食べない(笑)17歳の甥、と羽田での乗り換えや、英語ダメダメ3人組の入国審査、長時間の機内、と不安でいっぱいの中、本当~によく来てくれたと感謝の気持ちでいっぱい。


それもあってギリギリまで物をあまり処分しないでおいたので、帰国前はほとんど眠る時間がなくなってしまうぐらい家の中を空っぽにすることが大変になり、本番の引越し、ゴミ捨て、ドネーション、個人セールと格闘し、どうなることかと不安いっぱいで過ごした最後の数日。出発当日もお友達のヘルプがなければどうなっていたかと思う。。。なので今はちょっとした達成感♪


帰国して2週間、あれはなんだったんだろう、と遠い昔の出来事で、大変なことよりただ楽しかった思い出、懐かしい景色ばかり思い出す日々。


雨続きの時や、シーンとした家の中にいると今でもカリフォルニアシックになるし、何も始まらない、と焦ってしまうけど、ないものはないもので今ある状況を100%以上楽しめるよう努力しようと誓う今日この頃。


[PR]
by samantha-ca | 2017-04-19 11:27 | LIVING