a spoonful of...

WORK SHOP RESIDENCE

d0129244_160217.jpg


サンフランシスコ、Dogpatchにあるテックショップのようなところ。手作りアートものがいろいろ。

d0129244_1631218.jpg

[PR]
# by samantha-ca | 2014-04-24 16:01 | GOING OUT

I left my heart in San Francisco

d0129244_15525332.jpg

[PR]
# by samantha-ca | 2014-04-24 15:49 | PHOTOS

いつの間にか桜が・・

d0129244_15113911.jpg


やだやだ、もう1ヶ月以上もブログを書いていない。自分の記録のためにもなるべく書こうと思っていたのにーーー。でもノートに超簡単日記を毎日書いてます。そうでないとあっと言う間に日々が過ぎて、後になって何やってたんだ、とがっかりしそうなので・・。でも読み返してみても「今日も忙しかった。疲れた。寝る」とかだったりするんだけどー、大汗。

近所に桜の咲く公園があるので、「そろそろ桜が見頃かな〜」と夫に言ったら「何言ってんだ。もう葉桜だよ」と。えぇ〜。なんか今年は梅も桜もちっともじっくり見なかった。でもシティの大ゴミ回収の時にはよそ様のゴミを感心しながら見て回りましたが・・。

アロマ生活は続けていて、毎晩花姉さんに買って来てもらった無印の超音波アロマディフューザーに好きな香りをブレンドして寝るまで部屋でオン。寝る時には素焼きのちっちゃな陶器にオイルをたらして枕元で香りを楽しみながら寝ています。私の幸せな時間♪

またちょこちょこ書けたら書こうと思います(狼少年)。

写真:ヒールズバーグのワイナリーのオープンハウスに行った時、春らしいのどかな景色に巡り会いました。
[PR]
# by samantha-ca | 2014-04-24 15:24 | LIVING

4x5Gallery"HOME"

d0129244_15392160.jpg


サンフランシスコの4x5 Galleryでの"HOME"と言う募集に応募し、1枚選んでもらって展示♪
お気に入りの写真だけに嬉しい。レセプションにちょこっと顔出す。
[PR]
# by samantha-ca | 2014-04-19 15:36 | PHOTOS

お友達の新居にお邪魔

d0129244_15324111.jpg


おうちを買ったお友達。マイホームっていいな。お庭用に我が家で育ち始めていたアプリコットやフィグ、すだちの苗をプレゼント?!順調に育っているらしい。
[PR]
# by samantha-ca | 2014-04-12 15:32 | GOING OUT

アロマにはまる

d0129244_1614047.jpg


先週、休日出勤の代休をいただきひっさしぶりの平日のお休み!うれしー!!
夜はサンフランシスコプラスチックカメラの展示がいよいよ始まったので、レセプション。それまで時間があるので、ゆみちゃんがバークレーにあるアロマセラピーのクラス、Foliageさんに誘ってくれて、イントロダクションクラスを受けに友達5人と行ってみた。

アロマは日本でアロマセラピーの資格を取ったりして詳しい友達がいたので、彼女からいろいろ教えてもらい、オイルも結構彼女から買わせてもらったりして一時はよく使っていたのになんだか忘れていた。

それをこちらのイントロダクションのクラスで思い出させてもらって、先生も素敵でおもしろい方で(年代が同じ〜)、すっかりアロマの世界にはまりそう。

アロマの講義といろんなオイルをかがせてもらって、そのアロマの効能を各自調べてみたり、自分が何を必要としているのか逆引きのような感じで自分のカウンセリングが出来た。

お気に入りの香りには・・

緊張、不眠、精神疲労、うつ、不安、膀胱炎、冷え性、などに効くものが多く、今私が欲しているものはこれなのか、と改めて認識。

先生のお宅に入った途端にいい香りがし、バスルームで焚かれていたアロマが特にお気に入り。
Petit GrainとOrange系のオイルだそうだが、その香りを枕元に置いておくと、不思議なぐらいぐっすり眠れるとの事。それは是非試してみたい。

と言う訳で早速お勧めのサイトから友人数人とアロマオイルをオーダーしました。楽しみ。
手元にあるオイルは全て10年もの、汗。通常3ヶ月から半年が消費期限だそうですので、これらはお掃除の香りのお伴としてどんどん使う事にしました。

この日各自の好みで作らせてもらったルームスプレー。
幸せが足りないのか、"幸せ感を呼ぶ甘い香り"が人気でした、笑。

d0129244_16131761.jpg


先生が用意して下さったランチ。Acmeのパンにサラダとフルーツ。すごーく美味しかったです。
女子(汗)にはやはりこういうカフェスタイルランチがツボであります。

癒された平日の1日です。
[PR]
# by samantha-ca | 2014-03-11 16:36 | EVENT

プレジデントデーはワイナリー巡り!雑記2

d0129244_462818.jpg


いつまで続くねん、と思われるかもしれませんが、毎日仕事だけなので滅多に書くイベントないから許してね、汗。

パソロブレスで食べた晩ご飯。いちおバレンタインデー(のお祝い?)ってことでイタリアンを予約。以前に行ったArtisansは予約が取れなかったのでIl Cortileで。調べたらホテルから歩いてすぐだったので、車も移動しなくていいしちょうどいい。バルコニーのお風呂でリラックスして、遅めの予約にお風呂上がりにふらふら歩いて行った。

すべてのコラム(?)から1種類ずつ頼んで全部シェア。メインのリゾット付きの骨付きポークの煮込みはスプリットしてくれてお皿も2つ。前菜に頼んだ帆立の焼き具合がちょうど良くてとても美味しかった。とろとろモッツァレラののったクロスティーにもついてたけど、バルサミコのソースがちょっと甘め。生パスタのウサギのラグーもパスタがもちもちしておいちー。グラスで頼んだワインもどれにもあって美味しかった。

d0129244_463118.jpg


Lompoc(ロンポック)で泊ったEmbassy Suitesの朝ご飯(写真上)。Suitesと名のつくところは、ベットルームとリビングルームが別になっているが通常。会社の人にこのホテル系列は朝ご飯に卵を目の前でオーダー出来るのよ、と聞いてちょっと気になっていた。

ずらずらとグリルの前に列が出来ていて、一人ずつオムレツの具に何を入れるか聞いたら手際良くちゃっちゃと卵にのせ、「and You?」と次々とグリルで焼いて行くのだかが、どうやって3、4種類ずつの具材を覚えられるのかすごい。聞いているとフレンチトーストをオーダーしている人や、白身だけのオムレツとか、グリルで焼けるものはなんでもありだー、なのだ。

向かいで食べていたおじさんは、フレンチトーストに黄身が半生の目玉焼きをのせて食べてた。いや、ほんとになんでもありだ〜。いつもそうやって家で食べているのであろうな。

写真の下のはパソロブレスのコーヒーショップで食べた朝ご飯。ここはホテル代とは別であります。
向かいに座っていた老夫婦。新聞を読みながらの朝ご飯風景が、これもよくある普段のアメリカンが過ごす休日の朝ご飯風景なのだろうなー、と朝ご飯にいつもアメリカを感じるワタクシでございました。

アボガドののったオムレツ美味しかった。でも半分しか食べられなかったよ。大盛り過ぎだ。
夫は朝からステーキ頼んで(!)、いまいちだったようだけど、ビスケットにグレービーをかけたものが出て来たのも初めて体験でした。朝ご飯も奥が深いな。

これで終わり。
[PR]
# by samantha-ca | 2014-03-05 04:05 | TRAVEL

プレジデントデーはワイナリー巡り!雑記

d0129244_3555193.jpg


Windwardの裏庭を抜けたところにワンコがいた。右側の黒いワンコは繋がれていて、その横を申し訳なさそうに走りよるワンコ。

d0129244_354251.jpg


10メートルぐらい近寄って来たところで「ワン!」、1メートルぐらい距離を縮めて「ワン!」、また1メートル進んで「ワン!」。

d0129244_3542680.jpg


これを7回ぐらい繰返してやっと夫の元までやってきてこの笑顔(なのか?)。

飼い主さん曰く、チップ(ワンコの名前)はとってもフレンドリーな犬なんだけど、一度喜んで来客に近寄って行ったら、犬が苦手の人で手を上げて「ぎゃー」とフリークアウトしたそうだ。それにチップはビックリしちゃって、「なんでなんで〜、僕いつもみんなに可愛がられてるのになんで驚くの〜??!」と人間不信になったそうだ。

ちびちび相手の様子を見ながら近づくのはそのせいか!すごいな、そんな体験から学ぶなんて。

ワンコもニャンコも人間みたいで面白いよ。

続く・・・汗
[PR]
# by samantha-ca | 2014-03-04 04:04 | EVENT

プレジデントデーはワイナリー巡り!その3

d0129244_3322529.jpg


パソロブレスで時間があったので、ワインロードをゴトゴトと走る。ワイナリーはそこかしこにあるけれど、昔のようにガツガツ入らず景色を楽しむ、笑

夫は場所ごとに変わる葡萄畑の土の色を見て、「あっここは赤い」「あぁ、ここは灰色だからミネラルが、」と地質とワインの味を結びつけて楽しんでいた。確かにそうなのだろう。

ちょうど裏側辺りまで来て見つけたオリーブ屋さん、Pasolivo。見た目も可愛くついつい惹き付けられるように入って行った。

店内はお塩やビネガーを始め、ハンドクリームなども売られていて、オリーブは10種類ほどがテイスティング出来る。奇麗なお姉さんが1つずつ説明してくれて、グラシン紙に入った小さく切られたフランスパンをディップしながら味見してみる。

d0129244_3322362.jpg


私的にはこちらのCalifornia Blendのオリーブオイルが緑くさくて苦みがあってお気に入り!パッケージも超かわいいではないですか。これにちょこっとお塩を入れてパンを食べたらサイコーです。

あとはライム味のもおいしかった。きっとリピしますが、まぁオリーブオイルってそんなにたくさんは使わないもんね。エキストラバージンオイルは炒め物用オイルには使わない方がいいらしので、サラダのドレッシングやスープに垂らす感じでしょうか?

サンフランシスコのWe Oliveなどにも置いてあるらしいです。

続く・・・かも
[PR]
# by samantha-ca | 2014-03-03 03:42 | TRAVEL

プレジデントデーはワイナリー巡り!その2

d0129244_15213394.jpg


その他行ったところは1日目は大好きなFoxen とFoxen 7200。最初のところがあまりに良かったせいか、ここのがやがやドサドサした感じがちょっと落ち着かなかった。あまりにも名前が売れてしまったせいかもしれません。それに毎度のことですが、2箇所目からはもーよく味分からん状態なのもあって、残念ながらお味の方もいまいちね・・となってしまいました(><)。

d0129244_1521365.jpg


昔ながらのシャックは閉店直前で対応も素っ気なく、でもここの掘建て小屋な感じはやはり好きであります。1軒目と同じ人がいる、笑

d0129244_15214157.jpg


ま、猫様が可愛かったので許す。昔我が家周辺に現れていたにゃお蔵も無理矢理小さな鉢の中に入ってたりしてたけど、この子もそうだった。話しに聞くと高価なハムも気に入らない味のものは食べないそうだ。贅沢になっちゃって。

d0129244_15214490.jpg


2日目は宿泊したLompocから10分ほどで行けるBrewer-Clilfton

d0129244_15214635.jpg


倉庫街のようなところで、中はモダンなアートがありました。上の写真はワインメーカーの方がお知り合いの日本の料亭のメニューだそうですが、私達からみればなんじゃこりゃ、だけど、クールな香りがするのでしょう。悪くない。ここに置いてあった溶接したメタルの屏風やデッサン画もこの近くに住まれている日本人アーティスト、あやさん(?!あやふや・・)のものだそうです。なんかものすごい日本びいきを感じました。嬉しいね。チーズのおつまみ付きのテイスティングコースにしてみました。
川沿いにあるワイン畑、特に川が淀んでいるところのものは(River Bed)、ちょっと泥臭く(ミネラル臭?)変わったお味。でも悪くない。おもしろいワインだった。

d0129244_15214866.jpg


こちらもすぐ近くのテイスティングルームが集約された倉庫街にあるPalmina Wine。出されるままに飲んでいたら、白中心と赤中心のテイスティングメニューがあったことに気づいた。途中から赤中心に変更してもらったが、飲んだ白3種類はサービスとなってしまった、汗。白はライチーの香りがするものや、トロピカルでスパイシーなものが多く、タイフードに合うと言われていたのでその通りかも。
赤はイタリアンが中心でバルバレスコやサンジョベーゼなど、酸味が強くタンニンもガシガシし過ぎず結構好み。ここのワイナリーもかなり気に入った。リピする。

そのまま横の店にスライドしていけば次々といろんなワイナリーを試せそうであったが、この日は2軒だけで終了。一路北へPismo Beachを経由し、宿泊先を目指してPaso Roblesへ。

d0129244_15215086.jpg


3日目はこちらもアポオンリーのL'Venture。SMG(Syrah, Mouvedre, Grenache)をブレンドしたローヌスタイルのワイン。前回来たときからかなりお気に入りで、場所もちょっとワインロードから外れた片田舎にあるのがいい♪ワンコのお出迎えもあるし、笑。そしてまたまた2人だけのテイスティング、汗。Optimus, Chloe(売り切れ), Cote a Coteの3種類。お値段は張るけど、Cote a Coteが一番好きです。ステーキをがっつりと食べながら飲むのもいいけど、重さの中に軽さがあり(なんじゃそりゃ)、このままでも楽しめるワインでした。

それから後はラベルが可愛いと言って(夫が)入ったMidnight Cellars(普段飲みに良い感じ)、なんとなく入ったWindward Vineyard。Paso RoblesはZinfandelやローヌ、ボルドースタイルのワインが主に作られていますが、こちらはピノを最初に作った作り手さん。今ではPaso Roblesに15軒ピノを作っているところがあるそうです。家族経営の小さなワイナリーで、1種類のピノのみで頑張っている。なのでビンテージ違いのテイスティング。うーん、ちょっとパンチにかけたかなぁ。

と3日間でゆったり少なめ8軒回りました。

今回この辺りのワイナリーで聞いたところによると、近年で期待が持てるワインのビンテージは2012年。なのでやはりリリースされる春以降に来るのが良いかもしれません〜。

もうしばらくワインはいいや、と思いながら帰りましたがもう飲みたい、笑

続く・・・
[PR]
# by samantha-ca | 2014-02-25 16:05 | TRAVEL